文芸[1月/Jan]

works:HAKU

 この日は、明けましておめでとう!&シーズン2初戦の配信でした。スーパーボール級からスタートし、更に上のランクを目指します。シーズン2では持ち時間が短くなり、長考しにくくなりました。また、キョダイマックスも解禁されたのが特徴でしょうか。
 この時はまだ旅パの延長の子たちでしたね。3タテされた過去におびえながらのバトルは苦戦を強いられました。そんな中、特にこの子達の活躍が目立ったように思います。
 ねっとう打てばやけどを引けるできる子 水V’s
 ほのお技ならワタシが撃ちます!火力の要 妖V’s 
 王?お留守番です。でも3タテもできます! 炎V’s
 タイプ相性“いまいち”でも愛さえあれば倒せるよね♡ 草V’s
「ポケモンバトルは愛が勝つ!」はあまりにも名言(1:51:16~)
 約4時間半の激闘の末、ハイパーボール級昇格!!
 
 実はこの日は珍事件?の一幕も
 よしPメンバーシップへ加入!でろーんめちゃめちゃ動揺する(笑)
 ※よしPとは、でろーんの所属するレーベル、ランティスのプロデューサーさん

works:大覺寺ツツジ

 YuNiちゃん、富士葵ちゃん、天神子兎音と私の四人で構成された飯団四季は、今日はYuNiちゃんがやっているラジオに出演している。
「いやそれ迷惑メールやんけ」
 ラジオのお題のジングル作成でボケると、すかさず天神子兎音からのツッコミがとんできた。
「それではですよ、最後は全員でしりとりをするジングルです」
 楽しく和気あいあいとした収録もあっという間に時間が過ぎる。まさに、楽しい時間はなんとやらというやつだ。
「まずは、笑いの『い』から」
 YuNiちゃんのバトンを、私は受け取る。
「椅子取りゲームで、取れんくって、尻もちついて気まずそうにしている人の顔を見たとき」
 私からのバトンを受け、葵ちゃんは必死に『き』からはじまる物を考える。
「木を切ったらあ…あのー、すごい天然記念物みたいな木を切ってしまったとき」
 バトンは葵ちゃんから子兎音へ。
「緊張しすぎてちびりそうになったとき!」
「何でみんな『き』なの!『き』なの。『き』縛りなの?」
 YuNiちゃんの悲痛な声と、みんなの笑い声が収録室に響いた。
 これからもずっと、飯団のみんなと仲良くできますように!